プロフィール

Author:じゅん
ついに41歳に!
ダイエットと若返りのため、カーブスに週3回程通ってます。
カーブスで若返り効果を実感!
6ヶ月で体重がマイナス6.5kg、体脂肪率マイナス8.3%、ウェストが5cm、ヒップも6cm細くなった。
カラダ年齢も25歳に若返り♪

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録



カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳の働きが活発になる

野口 悠紀雄さんの『「超」整理法』を読みました(今頃?と思われるでしょうが……)。
本の中で、大島 清さんの言葉が紹介されています。

「身体を動かせば脳の働きが活発になるというのは、脳生理学の定説」なんだそうです。
古代ギリシアの医学の父ヒポクラテスも「歩くと頭が軽くなる」といっていたようです。

確かに身体を動かすことで、なぜか頭がスッキリすることがあります。あと、アイデアを練るのは机に座っていると、なかなかうまくいきません。
先日も、仕事のデザインアイデアを練ろうと、デザイン条件を頭に入れたうえで、カーブスへ出かけました。
カーブスへは片道15分歩いて通っています。歩きながら視野に入ってくるもの全てがデザインアイデアのヒントになってくれるように思います。
「配色はどうしようかなぁ?」「一番強調したいのは○○だから・・・」など、ぼぉーと考え事をしながら歩きます。「答え」を見つけよう、などと焦る気持ちはありません。

カーブスについて、エクササイズしながらも、いろんなアイデアが頭に浮かんできます。
30分のエクササイズが終わる頃には、ほぼデザインの概要がまとまりました。

書類作成などの作業はデスクにむかって行う必要がありますが、デザインアイデアや新しい企画を考えるなど、脳を使う仕事はデスクにむかうよりも、身体を動かしながらのほうがうまくいくみたいですね。

職場によっては上記のようなことは無理かもしれませんが(散歩してると仕事をサボっていると思われるのが普通ですからね)、脳の活性化のために、身体を動かしてみてはどうでしょう?

脳は「歩いて」鍛えなさい (WIDE SHINSHO)  「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
スポンサーサイト

 カーブスでダイエット&若返り♪ TOP 


当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。